デリヘル楽しみ方解説CHANNEL | デリヘル嬢派遣の仕組み

デリヘルの楽しみ方から仕組みなどを解説していくデリヘル情報サイトです。デリヘルを楽しく遊ぶためのポイントが満載!ぜひご覧ください。

デリヘル嬢派遣の仕組み

デリヘルはデリヘル嬢を派遣できると言っても、どこにでも好きなところに派遣出来るわけではありません。デリヘル嬢を派遣できる場所は粗方決まっています。それは「自宅」か「ホテル」です。

デリヘル嬢を自宅に派遣する仕組み

デリヘル嬢を自宅に呼んだときの楽しみ方

「自宅」に呼ぶ場合は客側に移動の手間がかからないので、とても楽です。玄関の呼び鈴を鳴らして女の子が訪れてくれるというのも、恋人のような感覚を味わうことができます。いつもは自分しかいない部屋に女性の香りが加わるだけで、随分と違った景色に見えるものです。デリヘル嬢が帰ったあとも、しばらくその余韻に浸ることができます。疲れていたらそのまま寝てしまうことだって可能です。

デリヘル嬢を自宅に呼ぶデメリット

自宅によっては派遣を断られる場合もあります。代表的な理由としては「浴室がない」こと。まともなデリヘル店では衛生面を重要視しているので、プレイ前の入浴は必須になっています。なので自宅に浴室がないと分かればそのまま利用を断られることもあるのです。

そして浴室に限らず、自宅に呼ぶ場合はベッドやシーツなどもそこにあるものを使います。あまりに盛り上がりすぎてシーツがびしょびしょになってしまっても、片付けるのは自分です。ホテルと比べるとそういう面では手間がかかります。盛り上がりすぎて近所に声が漏れてしまうことにも気をつけないといけません。

デリヘル嬢をホテルに派遣する仕組み

デリヘル嬢をホテルに呼んだときの楽しみ方

デリヘルでよく利用されるホテルは「ラブホテル」です。シティホテルやビジネスホテルではデリヘルを禁止されていることも多く、注文の際に断られるかホテルのフロントで止められてしまいます。

ラブホテルはそもそもプレイを楽しむことを目的とした宿場になっているので、そのための設備や備品が初めから揃っています。デリヘルを楽しむには最適な場所です。広い浴室やベッドで思い切りプレイを楽しみましょう。

デリヘル嬢をホテルに呼ぶデメリット

ホテルを利用するには自分自身がそこへ向かう必要があります。風俗街に行かなくても済むところがデリヘルのウリでしたが、ホテルを利用するなら外に出ないわけに行きません。そこがホテルでデリヘルを呼ぶ際のデメリットでもあります。柔軟に対応していきましょう。

ラブホテルでは利用時間があります。仮にデリヘル嬢が所定の時間よりも遅れてしまったら、場合によって延長しなければいけなくなることも。ホテル代は基本的に客側が負担することになっていますが、その辺りはどう負担し合うかデリヘル店側と一旦話し合う必要があるでしょう。

TOP